トレッサ横浜クリニック

横浜市港北区の内科・アレルギー科・胃腸科・皮膚科|がん検診・企業検診

〒222-0002 神奈川県横浜市港北区師岡町700
トレッサ横浜南棟1F
TEL 045-547-9219

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  内視鏡検査

内視鏡検査

内視鏡検査をお考えの方へ

トレッサ横浜クリニック

大腸がん、胃がんは働き盛りに増え続けています。

日本人の40歳以上の死因第1位は悪性新生物=「がん」です。
特にこの30年、我が国では大腸がんが増え続けており、女性においては死因の第1位となっている事は、今や誰もが知るところとなっています。
胃がんも同様であり、男女共に死因の上位を占めています。
一方でこれらに対する治療の進歩は目覚ましく、早期で発見すれば非常に高い確率で治癒が可能な時代となっています。
また、胃がんも大腸がんも早期の段階では何の自覚症状もありません。
家系に胃がんや大腸がんの方がおられる方、便秘や下痢、腹痛などの自覚症状がある方、胃の痛みやもたれがある方など、もしも内視鏡検査を受けた事がなければ、是非一度内視鏡での検査をお勧めします。

内視鏡検査の必要性を正しく理解していただくために

診察の流れで、「では内視鏡検査を予約しましょう」と勧められ、検査を予約した後に、受けた方が良い事はわかっているけど、辛そうだし大腸検査は準備も大変だし…できれば受けたくない、と思う方が殆どだと思います。
ですがそのために、せっかくの早期発見のチャンスを逃してしまう様では何にもなりません。この様な事が起こらない様、検査を受ける事のメリットとデメリットにつき納得のゆくまでご説明致します。

胃内視鏡検査

細いカメラを鼻から挿入する経鼻内視鏡、経口内視鏡、鎮静剤を使用した楽な内視鏡を選択する事が可能です。

大腸内視鏡検査

前日から検査食、下剤の服用が必要です。またもしポリープが発見された場合、小さなポリープであれば日帰りで手術が可能です。
この場合は手術後の出血などのトラブルが起こらない様、約1週間程度、生活上の制限が必要となります。このためお仕事のスケジュール調整が必要な場合があります。
トレッサ横浜クリニック

リカバリースペースをご用意しております。

検査後はリクライニングチェア、またはベッドでお休みいただく事が出来ます。

検査予約について~安全に検査をお受けいただくために

検査の前に、現在の健康状態、内服薬の確認や、中止が必要なお薬がないかの確認が必要です。
ご来院いただき、必要事項のご説明をさせていただきます。この時お薬手帳を持参いただけますと大変便利です。
基本的に内視鏡検査は予約制となっておりますが、緊急性のある場合はその限りではありません。

※重篤な合併症がある方、ご高齢の方など、入院での検査または治療が望ましいと判断した場合は
速やかに病院へのご紹介をさせて頂きます。